Fandom

Monapedia

R

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

R は、ラテン文字(アルファベット)の18番目の文字。小文字は rギリシャ文字Ρ(ロー)に由来し、キリル文字Р(エル)と同系の文字である。

字形 編集

  1. 大文字は、縦棒の上部右に右半円を付け、線中央から右下に斜線を付加した形である。亀甲文字\mathfrak{R}
  2. 小文字は、縦棒と上部右に接する左上四半円ないし上半円である。ρ(ロー)の円の下半分を略した形といえるかもしれない。または、大文字Rの下半分ないし左下部分と見ることもできる。亀甲文字\mathfrak{r}。手書き書体では、縦棒を先に書き、折り返して半円を書く。筆記体では、縦棒の上部に前の字からの接続線が左下から、次の字への接続線が半円の右端から右上に続く。
  3. このとき、前からの接続線が縦棒に緩やかに半円を描いて続いていれば、本来の半円は円弧を描かず、鋭く山形に曲がることがある。
  4. 別の小文字筆記体では、左下から上がって、頂点で鋭く山形に右下に方向を変え(このとき逆時計回りに非常に小さな円を描くことがある)、右下に少し下がってから真下やや左向きに進路を変え、そのまま右に弧を描きながらベースラインに達し、右上に抜ける。

呼称 編集

音素 編集

この文字が表す音素は、歯茎ふるえ音/r/ないしその類似音である。言語によってさまざまであるが、舌を上歯茎にしっかり付けて発音するLと異なる音であるところで共通する。しばしばべらんめいのようないわゆる巻き舌(舌を数回硬口蓋にはじかせる)となる。軽い巻き舌で硬口蓋に1度だけはじかせると、日本語ら行子音に似る。英語では、舌を硬口蓋に付けることなく接近させる。フランス語のパリ方言では、舌を硬口蓋に付けずに舌先を下げ、奥のほうで摩擦する。

  • アメリカ英語では母音字の後ろにあるrを発音するが、イギリス英語では発音しない。
  • ドイツ語の多くの無強勢音節末のr, 複音節語における語末の er は、ゆっくり発音するような特別な場合をのぞき となる。
  • 中国語ピンインでは、音節頭位では有声そり舌摩擦音(声母"日")である。これは日本人には「リ」とも「ジ」とも聞こえるような音で、ウェード式では"j"と書かれる。また、"er"(韻母"児")と書かれたときはそり舌の曖昧母音で、声調によっては主母音はアに近くなる。また"児"が接尾辞として用いられたときは、児化を起こす。

多くの言語で、他の子音、特に破裂音に続いて現れたときは、一気に発音され、その間で音節を区切ることはしない。

歴史 編集

ギリシャ文字Ρ(ロー)に由来する。ギリシア文字Π(ピー、パイ)が、右足を曲げ、P(ピー)のようになって、Ρ(ロー)に似てきたため、区別するために線を付加したものである。

R の意味 編集

主に大文字編集

主に小文字編集

  • 数学などで(しばしば小文字で)半径 (radius) を表すのによく用いられる。
  • 回転数(Revolution)を表す。(EX)rpm は一分間あたりの回転数
  • 非SI接頭辞 リムト(rimto)(10-45)(ジム・ブロワーズ(Jim Blowers)の提案)

Rをもとにした記号編集

  • マルR()は、登録商標(Registered trademark)。
  • ℞は、レシピ処方箋) (recipe)
  • ℜは、複素数の実部 (real part)。Reを使うことも多い。


符号位置 編集

大文字UnicodeJ文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考


関連項目 編集






































Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、Rにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia