Fandom

Monapedia

8月危機

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

8月危機(はちがつきき)は、2001年8月25日、匿名掲示板2ちゃんねるが閉鎖の危機に陥った事件。この全貌を記録したFlash(通称「UNIXFLASH」、外部リンク参照)が普及し、当時を知らない者にもこの事件の概要は広く浸透している。

概要 編集

1999年より稼動を開始した「2ちゃんねる」は、あめぞう、あやしいわーるどの凋落、及び「西鉄バスジャック事件」等でマスコミへの露出が増えたことから、そのユーザー数を着実に増やしていた。 そのユーザー数の増大は転送量の増加という結果を招き、結果、サーバ運営費をまかなうことが困難となっていった。

  • 2001年8月25日1時49分、夜勤 ★(サーバ運営者)が「みんなはさーん」という書き込みをする。以降、次々に掲示板閉鎖。時間が経つにつれてひとつ、またひとつと板が消え、住人たちを心理的にも追い込んでいった。
  • 同日8時23分、UNIX板に「2ch閉鎖の危機なんだと」というスレッドが立つ。
    以後、当スレッドにユーザーが集まり、善後策を検討。
  • 同日16時48分、Perlerという固定ハンドルが、スレッドにてread.cgiの改善案を提出。
  • 同日19時52分、夜勤が該当スレッドにてread.cgiのコードを公開。以後、公開されたコードと改善案を元に作業を進める。
  • 同日23時頃、改良read.cgiが完成。テストをすることなく直接サーバに実装された。数回の失敗をはさんで、最終的には「目に見えて分かる」ほどに転送量が改善された。全板の復旧までは数日かかったものの、結果、2ちゃんねるは閉鎖の危機を脱することとなった。

事件後 編集

  • この事件を受け、転送量の削減を図るためread.cgiを介さず直接サーバのデータを読み取る「2ちゃんねる専用ブラウザ」が普及した。
  • 掲示板住人の避難先として2ちゃんねるの外部掲示板(2ちゃんねる専用ブラウザが使用できる外部掲示板)がいくつか開設され、2ちゃんねる公認の避難先となった。8月危機の終了後、これらの外部掲示板のいくつかは避難先から独立した掲示板に役割を変えて存続した。ふたば☆ちゃんねるやおんぷちゃんねるは独立した元避難所の掲示板の後身である。
  • 運営、ユーザーが一体となり2ちゃんねるの危機を脱した、という意味において稀有な事例であった。「匿名同士の人間たちがお互いに協力し合い、コミュニティーを救い出した」劇的な様子は、現在も「伝説」として広く語り継がれていると共に、のちの2ちゃんねる全盛期突入の象徴的な出来事にもなったのである。
  • しかし、これはより性能のよいプログラムを無償で入手するための、運営側による自作自演ではなかったのか、という指摘もある。
  • 危機脱出後は、一時期、板がひとつひとつ消えていく様子が「夜勤★の過剰演出だった」とバッシングされた。現在も「閉鎖するために板を一つ一つ時間を置いて消していく必要があったのかどうか」は疑問が残っている。
  • この事件を受け、定期的にUNIX板には感謝の意を表明するスレッドが(主に事件を最近知った初心者によって)建てられるが、これはいわゆる「板違い」の行為とされ、一般に叩かれる傾向にある
  • ちなみに現在、板分割やcgiの改良、専用ブラウザの普及活動などが活発に行われているが、2chの転送量全体は8月危機の転送量を大幅に上回るギリギリの状態が続いている。そのため、転送量が多いときは「人大杉」(人多過ぎ、の意)と表示され、専用ブラウザあるいは携帯電話からでないと閲覧できない。

関連項目 編集

  • 2ちゃんねる


外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、8月危機にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia