Wikia

Monapedia

西村博之

トーク2
254 件の記事が
このウィキにあります


ファイル:Nishimurahiroyuki.JPG

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 - )は、インターネット匿名掲示板である2ちゃんねる管理人、及び地域情報の掲示板であるまちBBSの開設者。

東京都北区出身(現在は東京都新宿区在住)。通称ひろゆき。まちBBSでは地方1という固定ハンドル(コテハン)を使用。2ちゃんねるの総合案内では永遠の19歳と自称している。独身。身長177cm。

株式会社スキップアップ顧問東京プラス株式会社代表取締役有限会社未来検索ブラジル取締役。また2005年11月14日ドワンゴの関連会社ニワンゴの取締役にも就任している。但し本業は未詳。

来歴 編集

国税局職員の長男として神奈川県相模原市に生まれ、生後まもなく東京都練馬区田柄に移住。さらに東京都北区赤羽で育つ。東京都立北園高等学校卒業、一年間の浪人を経て1996年4月中央大学文学部教育学科心理学コース入学。文化連盟犯罪科学研究会というサークルに所属するも、会計を担当した際、帳簿をつけない等の杜撰な事務を問われ退会する。2000年3月同大学卒業。在学中の1998年夏に米国アーカンソー州アーカンソー中央大学(University of Central Arkansas)へ学内選抜を突破し大学から留学費用を支給され交換留学

中央大学在学中の1998年1月(2月6日説もある)、2ちゃんねるの前身となる電子掲示板「Hirox's room」を開設。1998年3月に合資会社東京アクセスを設立。1998年6月6日、「Hirox's room」を「実録!交通違反をもみ消して罰金を払わない方法(別名:交通違反の揉み消し方)」にサイト名を変更。2chの開設以前の詳しい情報は不明で、ほとんどは西村博之自身の発言を典拠としているものである。

米国留学中の1999年5月30日2ちゃんねるを開設した(但し、設立時の本人の環境については各文献に様々な記述があり、どれが真実かは不明)。

2001年6月にイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を、2002年9月に東京プラス株式会社を設立。

“働かずにたらたら暮らす生活を目指している”という。

2006年8月以降の一時期は消息が分からなくなり、2006年9月22日付の夕刊フジの記事では行方不明になっていると報じられた。しかし、当日の西村のブログには東京ゲームショウに行っていたとの記述がある。裁判の送達文書は使いの者が回収していたといわれる。2006年11月4日早稲田大学で講演を行った。
2007年11月25日、東京大学駒場キャンパスで講演を行った。

訴訟 編集

西村は、2ちゃんねる絡みの多数の民事訴訟と多額の賠償債務を抱えている。最初のうちは裁判に対応していたが、途中から被告としての主義主張を展開せず、法廷徹底無視の姿勢を貫くようになり、これが原告主張を“そのとおりです”とすべて認めている欠席裁判となり、その多くで管理責任を問われる判決を受けている(=敗訴)。西村が管理する巨大掲示板「2ちゃんねる」が、現実には犯罪の温床・特定の企業・団体・個人を誹謗する場になっている例が少なくなく、そういった「管理が甘い」事に対し批判の声が上がっている。一方で西村を信奉する2ちゃんねらーは、「2ちゃんねるがマスコミを介さない“発言の場”となるなど、インターネットの普及に伴って生じた社会的言論の場となり、日本の言論状況に影響を与えている場面も見られる」・「日本の法律のほうが悪い」等と主張し、西村を擁護している。

  • 2006年8月、東京都の男性会社員(35)は東京地方裁判所に対し、西村への情報開示命令を求める申し立てを行なったが、西村側は出廷しなかったため“西村博之に対し間接強制による500万円の支払い命令が下ったが、それを放置していた”として、2007年1月12日、東京地裁に西村博之の軽自動車や「2ちゃんねるのドメイン(2ch.net)」を含む全財産の仮差押えの申立てを行ったと夕刊フジが報じた。ドメインの差押えというのは前代未聞のケースであるため、弁護士などは自身のブログなどで実際に実行するのは難しいとコメントしている。なお東京地裁は、インターネット上のドメインも差し押さえ可能な財産であると看做しているという。16日には埼玉県の男性会社員(35)が、西村に対する破産宣告を求める第三者申し立てを行なった。ちなみに、破産手続開始の申立てがなされると、クレジットカードの利用ができなくなったり、住宅ローンを含め銀行からの融資が受けられなくなったり、既に融資を受けている金額について即時一括返済を求められることが通常であり、企業であればその時点で本当に資金繰りが立ち行かなくなり(全ての融資について即時一括返済を求められるため)倒れてしまう。
  • 毎日新聞の記事によると2006年12月時点で賠償額は総額4000~5000万円ほど。ただし、西村の年収は1億円以上ある。支払能力の有無に関わらず払う気はない。時効まで放置するつもりであると見られている。「時効成立の頃には飽きて別の事をやってるかも」と言う。板倉宏日本大学大学院教授によると、裁判所強制執行があれば賠償金は回収できるが、被告の資産を調べるのは原告がしなければならない。実際、弁護士会の有志グループから依頼されて大阪で講師をした際には謝礼を差し押さえられた。現在では差し押さえを回避するために給与の入金先を常に動かしているとのことだが、差し押さえは西村に対して給与を支払う会社に対して支払いを禁止する形態で行われるので、入金先を動かして回避できるというような問題ではない。差し押さえ命令が会社に送達された後に会社が西村に報酬を支払っても、差し押さえをした債権者は会社に対して支払った報酬相当額の支払いを求めることができるので(ただし債権者が西村に対して有している債権の金額がこれより小さい場合にはその小さい金額が上限になることは当然である)、会社の支払い能力がある限り債権者は回収に成功することになる。また、西村が単に債権者に対して支払いを行わないだけであれば犯罪は成立しないが、債権者からの強制執行を回避するために小細工を弄すれば強制執行妨害罪が成立する可能性があり、これはれっきとした刑事犯罪であるから、捜査機関が本格的に捜査を始めたらひとたまりもないだろう。
  • 2007年1月29日、元2ちゃんねる副管理人の切込隊長こと山本一郎が起こした、西村に対する名誉毀損裁判に出廷した。西村は「基本的には出ない(註: 「出廷しない」の意)のですが、今回は知り合いなので、面白いかなと思ったんです。原告がどんな顔をしてくるのか知りたかったんです」と言っている[1]。ちなみに口頭弁論は2007年9月までに5回行われ、そのなかで山本が西村に対し「ハゲ」と投稿したことについて西村が言及した。2008年2月、西村の敗訴に終わる。過去ログ削除と80万円の支払い命令(請求200万円)。
  • 2007年2月、西村自身と西村が経営する会社に課された税金所得税法人税)の一部が滞納され続けていることを受け、東京国税局査察部が調査を開始したと夕刊フジが報じる。翌3月には読売新聞で“債務4億円、50件以上民事で提訴され43件で敗訴確定”と報じられた。また、3月20日には賠償金の債務が約5億円に上ると報道され、質問を受けた報道陣に対し「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と、支払いの意思がないことを明らかにしたが、「しかし、その様な法律は存在し無いのですけどもね」とも、取材後に内部報道の者に言っていた。

エピソード 編集

  • 殆どインターネットでしか活動をしていない人物で在りながら、社会に与えるその影響力は大きい。取り分けインターネットにおける西村、及び彼の運営する2chの影響力は看過出来ぬものがあり、政財界にすら繋がりを持つ。中でも、河野太郎衆議院議員などは西村との直接対談を実施し、その業績を賞賛した。
  • 新宿区内の貸賃マンションに居住している(NHKの「日本の、これから」で映っていた)。
  • うまい棒(めんたい味)とルートビアが好物とされ、前者は2ちゃんねるなどでネタにされる事も多い。しかし最近はうまい棒よりもじゃがりこの方が好きであるとも答えている。
  • 「両親に勘当されている」など、様々な私生活の噂が存在する事から分かるように私生活について興味を持たれがちな人物だが、当の西村は私生活の詳細を徒に表に出す事を好まず、プライベートについて語る事も少ない。
  • 交際している女性とマンションの前で一緒に歩いている所をフライデーに撮影された事がある(しかし本人は気にしていないようだ)。
  • 多くの企業や有名人に対する激しい批判や中傷が名物の2chだが、管理者の西村自身も批判要望板を始めとする様々な板でその矛先を向けられている。
  • 資金関係に拘る事が多いとされるが、その志向は国税庁に勤務する父の影響とも言われている。
  • メールマガジンの読者数が大変多い(2005年8月現在、13万人以上)事でも有名であるが、そこでDHCについての虚偽の報告を行ったとしてDHCから提訴され、賠償を命じられるという一幕もあった(2ちゃんねるの歴史)。なお2003年頃からは半年に1度のペースでしか発行していない。
  • 現在では2chに自ら書き込む事は珍しい為、僅かなレスをするだけでその発言の専用スレッドが立つほど注目を集める。しかしながら当然それらに便乗した偽者が登場することも多い為、キャップトリップ・Beといった指標により、発言した者が偽者か否かを判断する事になる。
  • かつてある本がタダで欲しいが為に2ch内に自宅住所を晒したり、自らの電話番号を書き込んだユーザーに直接電話で注意するなど、個人情報を開示する事が多い。それ故、何度か西村博之の自宅に対し「アクセスログを見せろ」などと右翼団体などからの圧力が行われた事もあるが、このような行為に対しては警察裁判所からの令状や開示命令が無い限り一切応じない(最近は犯行予告以外については拒否している)という毅然とした態度を示している。
  • 雑誌で、企業に対しての2ちゃんねる等ネット掲示板対策、企業のあり方についてアドバイスなどを行っている。
  • 2ちゃんねるで時折引用される「うそはうそであると見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」という言葉は西村が2000年に起きた西鉄バスジャック事件の際、テレビ朝日ニュースステーション』の取材を受けた際にコメントした言葉である。“嘘も書かれる掲示板”であることを認めたとも取れるため、ネットを中心に批判も起こった。その時の様子の映像がアスキーアート化されており、様々な派生バリエーションが生まれた。
  • ネット上では歌も発表している。『激走爆走チーム2ちゃんねる』は、当時の日本におけるフリーダウンロード楽曲のダウンロード件数記録を更新した。また『おいら』はMP3.comのダウンロードランキングで最高位46位、J-POPではB'zの『juice』に次いで2位を記録した。
  • 2002年11月16日には、2ちゃんねるに西村博之の誕生日を祝福するための専用板が作られた。
  • 大のゲーム好きで知られ、ロールプレイングゲームシミュレーションゲームアダルトゲームも多数プレイ。最近は『おいでよ どうぶつの森』や『マリオカートDS』に夢中で自身のブログでは、「スカイプと組み合わせると、お互いに喧々諤々出来たりするので、わりと面白いです」とコメントしている。反面、ITMediaでのゲームインタビューに対し、プレイステーション3Xbox 360が画質を売りにして宣伝を行うことに対し、Wii(当時はコードネーム「レボリューション」として)を対に挙げ、「美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れる」という言葉を使い、ハード・業界板で50スレに及ぶ大議論が起きた。
  • 「暇だ」が口癖。
  • 文章上では一人称に「おいら」を、語尾に「~するです…」のような表現を使う。クサチュー語に影響を受けたためだとしている。
  • 以前(2001年頃)、切込隊長が付けた肩書きである「メディアアーティスト」を自称していたことがある。
  • 探偵ファイル渡邊文男と交流があり、探偵ファイルのサイト上で2人が並んで座っている写真が掲載されたこともある。
  • ライブドア前代表取締役堀江貴文とも交流があり、西村はライブドアから発売の『INTERNET サムライ』のパッケージに侍魂の管理人、健とともにイメージキャラクターとして登場したり、堀江は西村の著書『元祖しゃちょう日記』(西村の同名ブログもライブドア)のあとがきに参加したり、西村が立ち上げたしたらばJBBSシステムを買ったり、2ちゃんねるドメインをライブドアに委託したりなどしている。堀江からプレゼントされた財布を失くしたとブログで公表した。
  • 明日できる事は今日やるな」と発言した事がある。大量の仕事を捌いていく以上、効率的に時間を使って行くべき、という事。
  • 2ちゃんねる内では、「まろゆき」「ひろまさ」「まさゆき」「ピロシキ」(ひろゆき→ぴろゆき→ピロシキといった音韻変化)や、一部の住人からは(やや厚ぼったい感じのするを指して)「タラコ」「ハゲ」「クチビルゲ」など陰口を叩かれる・またはわざと名前を間違えて呼ばれることが多い。
  • 年収は「日本の人口より少々多い位」と2006年11月4日の早稲田大学公演で語った。事実かどうかは定かではない。
  • ライブドア前代表取締役堀江貴文に2ちゃんねるのニュース部門の買収を申し込まれたが、ライブドアという営利企業に売ると2ちゃんねるがつまらなくなるとの理由で断っている。バナー広告による売り上げは月約1000万(貨幣単位不明)、経費として70台のサーバーレンタル代が月2万ドル。

出演 編集

テレビ番組 編集

ラジオ 編集

CM 編集

  • ドワンゴイロメロミックス(2005年) - 声のみの出演

著書 編集

  • 『元祖しゃちょう日記』、講談社、2004年10月、ISBN 406212646X
  • 『2ちゃんねるで学ぶ著作権』、共著、アスキー2006年7月、ISBN 4756147704
  • 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』、扶桑社新書2007年6月、ISBN 4594053882
  • その他、2ちゃんねるに匿名で投稿された文章を元に編集された多くの書籍(例として「電車男」)は、2ちゃんねるの代表者である西村が、著作者権を投稿規定に基づいて行使する形で出版されている。ただしこれには異論もあり、投稿者が投稿した当時には投稿規定が表示されなかったり、あるいは当時には投稿規定の文言が現在表示されるものと異なるため、一部の投稿については投稿規定の効力に疑問があるとする意見もある。
    もっともこの場合、「電車男」のログの出版・ならびにそれを元に創作された映画・ドラマ・漫画など副次的創作物が利益を出した場合、還元すべき対象はどこの誰なのか、またスレッドに書き込みをしたと自称する人物たちが名乗りをあげた場合に、どうやってそれらを真実であると証明するのか、といった幾多の問題が背後に控えていることは、言うまでもない。詳細は「電車男」の項を参照のこと。

編集

※すべてネット上でフリーダウンロードシングルとして発表されたほか、2001年7月に開催されたイベント「2ちゃんねる祭り@2周年記念」で発売された『2ちゃんねるソング集』には「激走爆走チーム2ちゃんねる」~「アメニモマケテ」までの5曲が、2002年8月に発売された書籍『2ちゃんねる公式ガイド2002』の付録CD-ROMの音声トラックには「モナ~らぶ」と「4649!」の2曲が収録された。

参考文献 編集

脚注 編集


関連項目 編集

外部リンク 編集







Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、西村博之にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア