Fandom

Monapedia

全板人気トーナメント

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

全板人気トーナメント(ぜんいたにんき - )は匿名掲示板2ちゃんねるで行われているトーナメントで、過去3回開催されている。最萌トーナメントから派生したもので、2ちゃんねる内の横断イベントとしては最大規模のもの。

2002年から3年に1回、春から夏にかけて行われている。期間は約3ヶ月。

ルール 編集

ルールは最萌トーナメントのそれに準じるが、各回で少々異なる。

歴史 編集

第1回 編集

概要 編集

要旨 編集

  • 予選は32組で、各組3板ずつ、96板勝ち抜け。ただし、3位同票が2度あり、実際は98板が勝ち抜けた。トーナメント方式になるのは本選に入ってからで、1回戦のみ3板または4板対戦でベスト32に絞り込み、以降は全て1対1の対戦だった。
  • ダウンロードソフト板が優勝できたのは二つ理由があると言われる。一つは、当時WinMXが流行しており、MXユーザー達の組織的投票による力と思われる。WinMXにはチャットシステムや耳打ちシステムがありダウンロードソフト板を優勝させるためにWinMXネットワーク内で投票を呼びかける働きがあった。もう一つに、内容としては全く無関係の板同士で同盟選挙協力)を組んだことが挙げられる。書き込み数ではモ娘(狼)板の1/10程度に過ぎないダウンロードソフト板が、同盟票により勝ち上がる結果となった。また、同盟を組んだことにより単純な住民数の力勝負ではない展開となり、投票時にはこの様相が国に喩えられ、ダウソ連合対狼帝国と称された。
  • 同盟戦略を始めたのは三国志・戦国板少年漫画板ボクシング板の「三国同盟」である。この中では三国志・戦国板がベスト8(モ娘(狼)板に敗退)ともっとも好成績を残した。三国志・戦国板とその同盟は、本選組合せの都合もありダウンロードソフト板側と連携することが多く、さらに中小の板の多くはどちらかと仲が良かったため、狼包囲網と称された。やはり組合せなどの理由で、ニュース速報などのニュース系はモ娘(狼)板と協力することが多かった。
  • その一方で、匿名前提であることから多重投票、なりすましなどの疑惑が絶えず、各陣営はしばしば対処を要求されていた。

第2回 編集

概要 編集

要旨 編集

  • 2ちゃんねるPINKちゃんねるの全板、ひろゆきのメールが参加。前回同様の試合構成では試合期間が余りに長期化するため、予選は1次、2次の2段階で行うよう変更がなされた。また、本選でもベスト8の段階で組み替えを行った。これは、組み合わせから先の展開を読みにくくするためであった。
  • 1次予選は24組で、各組5板ずつ、120板勝ち抜け。2次予選は12組で、各組4板ずつ、48板勝ち抜け。いずれも同票による通過の増加はなかった。本選は、1回戦のみ3板対戦、以降は1対1。
  • ニュース速報(VIP)板は、第1回当時には存在しない板であった。また、自作PC板は、第1回では予選落ちだった。前回優勝のダウンロードソフト板は本選1回戦で、モ娘(狼)板は準々決勝で敗れた。
  • ニュース速報(VIP)板は単純な住民数で勝ち進み、第一回時のモ娘(狼)板と同等の立場であった。両者は準々決勝で激突、前回モ娘(狼)板と敵対関係にあったダウンロードソフト板がモ娘(狼)板を援護し、ライバル視していたニュース速報板がニュース速報(VIP)板につくなど参加板が大きく2つに分かれ総投票数は決勝を含む全試合中最大となり事実上の決勝戦を盛り上げた。大会を通してニュース速報(VIP)板の住民数が圧倒的であったため、ほぼ全ての板が第1回のダウンロードソフト板の立場にあった板と言える。ニュース速報(VIP)板は常にニュース速報板が協力し、他にも友好的な板が少なくなかったため、同盟によってVIPを包囲するところまでは至らなかった。
  • 第2回は第1回当時より更に同盟化が進み、これをメインと据え楽しむ層も現れた。以下に主要な板同盟、その際呼ばれた名称を列記する。
同盟名参加板 1参加板 2参加板 3参加板 4参加板 5参加板 6参加板 7参加板 8参加板 9
VIP帝国 ニュース速報(VIP)板ニー速(VIP)板ニー速(pink)板
モ娘 モ娘(狼)板モ娘(羊)板モ娘(鳩)板
IT連合 自作PC板ダウンロードソフト板モバイル板レンタルサーバ板CD-R,DVD板
ニュース連合 ニュース速報板ニュース速報+板私のニュース板ニュース極東板議員・選挙板ハングル総督府板ハングル板台湾板イスラム情勢板
ゲイ能連合 椎名林檎板同性愛サロン板同性愛板大人の同性愛板ジャニーズ板モ娘(羊)芸スポ+板アナウンサー板
投資系4板 市況1板市況2板株式板投資一般板
漫画4兄弟板 週刊少年漫画板漫画キャラ板漫画サロン板懐かし漫画板
ネトゲ連邦 ネットゲームカテゴリー各板
game鯖連合 game鯖各板
AA同盟 AAカテゴリ各板
まちBBS まちBBS各板
bbspinkやんわり連合 bbspink各板

  • この様な大連合が生まれた理由は、単純に住民層が被っているためと、同盟をメインに楽しむ層が居たためだと思われる。

第3回 編集

概要 編集

要旨 編集

  • 2ちゃんねるPINKちゃんねるまちBBSの全板、ひろゆきのメールおよびテレビ番組欄が参加。PINKちゃんねるが2ちゃんねるから分離・独立してからは初めての大会である。
  • 1次予選は18組で、各組10板ずつ、180板勝ち抜け。1次予選敗退板のうち10票以上を獲得した171板およびエントリー終了後に開設された新規板2板で1次敗者復活戦を行い、12板が2次敗者復活戦に進出。2次予選は15組で、各組4板ずつ、60板勝ち抜け。2次予選全敗退板および1次敗者復活板により2次敗者復活戦を行い、12板が勝ち抜け。いずれも同票による通過の増加はなかった。本選は、1回戦・2回戦で3板対戦、以降は1対1。
  • 全板人気トーナメントでは初の敗者復活戦が行われた。(第1回と第2回では開催前に導入するかどうか議論が行われたが、結局導入されないまま大会が行われた。)
  • トーナメントの構成は前回とほとんど変更がないが、本選1回戦は1日に2試合行われ、また3位決定戦も行われた。
  • 前回優勝のニュース速報(VIP)板は本選1回戦で敗れ、2大会連続で前回優勝板が本選1回戦で消えることになった。これは、ニュース速報板が優先支援するシベリア超速報板との対戦になったことでニュース速報板の支援が得られなくなり、VIP包囲網を敷かれる態勢が整ったことが大きかった。また、前回準優勝の自作PC板は初代3位となった。
  • 優勝板であるネトゲ実況板は第1回最中に開設された板であり(大会には参加せず)、第2回においては2次予選敗退であった(ただし激戦組での僅差負けではあった)。第3回では強豪の一角に数えられたが、モ娘(狼)板やニュース速報(VIP)板には劣るという評価だった。そのため、決勝戦であるモ娘(狼)板戦でも下馬評は良くはなかった。それでも優勝した理由は、ニコニコ動画サイトでの応援動画ランクインや、住民が作った携帯サイトでの楽な投票が決め手となったようだ。もともとネトゲ実況板はファイナルファンタジーXIをはじめとするオンラインゲームの実況のための隔離板であり、ネトゲ実況板との同盟関係にあったネットゲームカテゴリ板らの支援票のほか、FFXIなどのオンラインゲームの会話機能などによる呼びかけにより勝つ事ができた。
  • 同盟は不活発になり、板カテゴリや前回までの関係に拠ったより緩い結びつきに展開が左右されるようになった。また、「お返し」票による選挙協力が重視され、他板にどれだけ支援していたかの票数がこれまでより重要さを増した。

全板トーナメントの功罪 編集

まず前提として2ちゃんねるおよび関連掲示板内部のみで完結しているため外部への影響はほとんどないことはあげなければならない。

また、全板トーナメントはどの板住民もがやる気があるわけではなく、モテない男性板、ネトゲ実況2板等は特にそれが顕著であった。また、過疎板も住人が少ないため必然的に盛り上がりは欠けていた面はある。

その上での功としてはコミュニティとして巨大化している2ちゃんねるにおいて、各板の特色や存在についてアピールしあう良い機会になったことがあげられる。普段関心の無い板に赴き、雰囲気を知るという面で交流をあげることが出来たとも言える。

逆に罪面として挙げられるのは各板の特色、ローカルルールを無視した荒らしが多発したことである。また投票活動の激しさによって数度のダウンも発生し、第2回では開催期間中に投票所板のサーバが移転の措置がとられた。

外部リンク 編集



Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、全板人気トーナメントにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia