Fandom

Monapedia

モララー

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

モララーは、匿名掲示板2ちゃんねるなどの電子掲示板で用いられるアスキーアート(AA)によるキャラクターの一種。モナーから派生した。

歴史編集

もともとは、「2ちゃんねる正義良心」として生まれたキャラクターである。既存のAA「モナー」にモラル(Moral)を掛け合わせて、モララー(Moraler)という名前になった。

AA編集

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< マターリしようよ♪
 (    )  \_______
 | | |
 (__)_)

モナーと同じく小太り体系である


起源編集

2000年4月10日に、「2チャンネルの良心、モララーデビュー!」のスレッドで誕生したとされる。

モララーの作者は、「だいーき ◆anTm0EaLyw」というコテハン説と「まみまみ ◆udR1tBu5DA」というコテハンという説もあり、まだどちらが作者かは不明である。

特徴編集

2ちゃんねるキャラクターの宿命として、設定は常に変化する可能性がある。ここに示した「特徴」も、あくまで2008年現在の設定に過ぎないことを留意すべきである。

  • 「がってん」と言うべきところで「ガテーン」と言うなど、2文字目の「っ」を、3文字めの「ー」に変える喋り方を多様する。この中の一部「まったり→マターリ」は、2ちゃんねる中に広まっている。
  • 語尾に「~だからな」をつける場合もある。
  • アルファベット綴りは、「Moraler」と思われる(上記の「歴史」を参照)。
  • 初期にホモキャラとして流布したことで、2ちゃんねるの同性愛板の看板に使用されている。
  • 後に虐殺ネタの加虐側のキャラとして多く用いられる。そのことを受け荒らしキャラとして使われることも多くなった。
  • ぬるぽ」に関するやりとりにおいては、叩き「ガッ」をする側として描かれることが多い。これは「ぬるぽ」の由来に依るところが大きいと思われる。
  • フラッシュやイラストでは、ほとんどの場合白色黄色で書かれる。
  • さいたまスレでは、さいたまにことごとく苦しめられている。また、クックルやしぃ店長にも登場している。

 また、最近ではモナーなどと同様に、様々な亜種が生まれている。

大耳モララー編集

.   +  (\_/)(\_/)(\_/)  + 
      ( ・∀・∩(・∀・∩)( ・∀・) 
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  + 
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) ) 
       (_)し' し(_) (_)_) 

マララー編集

  /⌒\
 (     )
  |    |
  |    |
  |    |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< モコーリしようよ♪
  )   (  \_______
 (__Y_)
  • 上のものはモララーが頭に陰茎のようなものを生やしたAAである。正確には頭にあるのはこれは陰茎ではなくキノコに近いらしい。これも一般化しているらしい。『マラ坊』『キトー』という弟がいる。その性質上、下ネタで用いられる事が多く、AVショップを経営しているという設定もある。詳しくはマララーの項を参照。

奇形モララー編集

1
   ∧_∧__∧
  ( ・∀・∀・)
  (      .)
  | | |  |
  (__)_)_)

2
    ∧_∧
    .( ・∀・ )
  ( ・∀  ∀・)
  (       )
  | | |   |
  (__)_)__)

「モナー村開拓史」スレに登場。人手不足のため分裂を試みるが失敗し1のような姿になってしまった。その後カメモナーを食べ2のような姿になってしまったが手術により1の姿とジサクジエンに分けられた。「世界制服をたくらむモララー」スレにも登場している。

  • 他にも耳をアルファベットAに変えたモララーの裏の存在の「ウララー」や、いつもゲラゲラ笑っている煽りキャラのゲララーなども存在する。また、ジサクジエンというモララーそっくりのキャラクターがいるが、モララーとは別物。

関連項目編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、モララーにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia