Fandom

Monapedia

アフガン航空相撲

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

アフガン航空相撲(アフガンこうくうずもう)とは誤読から生まれたネットジョーク。

発祥編集

アフガン航空相撲とは、匿名掲示板2ちゃんねる内での読み間違いにより誕生した架空格闘技相撲)の名称。

2002年2月15日、2ちゃんねるの『ニュース速報板』に立った『アフガン航空相 撲殺される』というスレッドが発祥とされている。

元々は、「アフガニスタンアブドゥール・ラフマン航空観光大臣が外遊のため訪れていたカブール国際空港で、メッカ巡礼のために乗る予定だったフライトが何便も欠航したことに激怒し暴徒化した巡礼者たちに取り囲まれ殴り殺された。」というニュース内容のものだった。しかし、日本には「航空(観光)相」というポストが存在しないこと、「相撲」が一般的に良く目にするという文字の並びであることもあり、そのタイトルを見た者の殆どが「アフガン・航空・相撲(が)殺される」と読み間違えた。

後に、同スレッド内において「民明書房」(『魁!!男塾』など、宮下あきら原作の漫画作品に登場する架空出版社)の書籍が出典であるとする解説の書き込みも行われ、「『航空力士』と呼ばれるアフガンの戦士たちが大空に高く飛び上がり、華麗な空中戦を繰り広げる無敵の暗殺拳『アフガン航空相撲』」というネタとしてそのままスレッド内で定着。Flash動画やイメージイラストも作成されるなどの盛り上がりを見せた。

関連項目 編集

外部リンク編集




Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、アフガン航空相撲にあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia