Fandom

Monapedia

ふたば☆ちゃんねる

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。



ふたば☆ちゃんねる(☆は読まない)とは、日本国内に存在するインターネット上の電子掲示板群の一群である。オタク系・アングラ系の画像掲示板としては年現在その活動が最も活発なものの一つであり、ネットワーク上に様々な流行語や新作画像、コラージュ画像等のネタを供給している。いつまで経っても「生まれたばかりの掲示板」であると自称している。略称はふたば双葉など。

概要 編集

ふたば☆ちゃんねるは電子掲示板・WebBBSの一群であり、分類上は各種カテゴリー別に分類・分割された掲示板を持つ「総合BBS」「メガBBS」などとして位置付けられる。

掲示板の構造としては、後述するアップローダー以外の全掲示板においてスレッドフロート型掲示板の体裁を取っている。一般的なテキスト主体のBBSの他にも画像が投稿可能な「画像掲示板」、画像やテキスト以外のファイルを投稿する「アップローダー」、ブラウザ上で直接絵を描いて投稿する事が出来る「お絵かき板」などの各種掲示板群から構成されており、特にカテゴリー別に設けられた画像投稿掲示板上における活動が最も活発である。

なお、ふたば☆ちゃんねるの掲示板を動作させている画像BBSスクリプトには、既存の画像BBSのスクリプトを改変したものが用いられている。これは公開もされていることから、現在はふたば以外のアングラ系・萌え系の画像掲示板でも使用されている。

ふたば☆ちゃんねるの成立と略歴 編集

2001年 編集

  • 8月30日 ふたば☆ちゃんねる成立。当初は転送量の限界に直面していた2ちゃんねるの閉鎖騒動に関連し、その避難先として設立された。(注)現在は避難先としては扱われていない。

2002年 編集

  • 3月 二次元画像板(二次表)の利用が活発化、キャプチャ画像や漫画・同人誌の連貼り等が横行したため、二次元裏掲示板(二次裏)を分離。
  • 3月14日 画像掲示板に愉快犯的にグロテスクな画像を貼る荒らしが横行した為、グロ画像掲示板を設置。
  • 3月16日 二次元画像と三次元画像の取り扱いをめぐる小競り合いが頻発したことから、二次元画像板と三次元画像板を分離。

2003年 編集

  • 1月 陛下わはー等、初期の二次裏ネタが隆盛する。
  • 4月12日 荒らしが名乗った「としあき」の名が、二次裏掲示板の投稿者のデフォルト名となる。
  • 6月 雑誌『ネットランナー』が付録として、二次裏でやりとりされていた「パックリマンシール」のアイディアと企画を無断で借用したことが発覚。後のネットランナーとの確執の原点となる。
  • 8月6日 Meたんが初めて貼られる。

2004年 編集

  • 4月18日 とらぶるういんどうずのflashムービー作品が公開され、その情報量と出来の良さから、ふたば☆ちゃんねる内外で話題となる。
  • 4月21日 めどいさん誕生。
  • 7月15日 掲示板の仕様変更に伴い、二次元裏掲示板から投稿者のデフォルト名「としあき」の名前が消える。

2005年 編集

  • 1月3日 二次裏掲示板がimgとdatに分離、トップページからのリンクはdatに張られる。
  • 5月27日 新サーバ(may)が投入され、二次裏掲示板のトップページからのリンクはmayに張られる。
    • 新規投入されたmayサーバ上の二次裏掲示板において、投稿者のデフォルト名として「としあき」が復活する。
  • 8月9日 前日8月8日の時点でWinnyユーザーをターゲットとしたトロイの木馬、キンタマウィルスに二次may板をターゲットとするものが現れ、高負荷が掛かったことから、二次裏may掲示板のURLを変更する。
  • 11月10日 画像収集ツールによって、虹裏may掲示板に高負荷が掛かったことから、虹裏nov掲示板が新設される。mayは存続。同時に二次元実況裏掲示板も新設(新設直後は三次元実況板という名前だったが、一日足らずで変更された)。

2006年 編集

  • 6月 二次裏junサーバが投入されるが、これまで通り新サーバの投入によって既存のサーバが撤去されることはなく、6月末現在でトップページからリンクされた二次裏掲示板は2つ、二次裏を自称する掲示板は計5つ (img、dat、may、nov、jun) が存在することとなる。
  • 7月8日 二次裏がハッキングされ全員のホスト名が赤字で表示される。
  • 12月6日 img板のサーバがimgからnovに移動。imgサーバは文字板にのみ運用されることになり、img板はアドレスと俗称としてのみ残ることになった。これによって二次裏を運営しているサーバは4つ (dat、may、nov、jun) 、二次裏を自称する掲示板は5つ (img、dat、may、nov、jun) となった。
  • 12月11日 ばら板が閉鎖し、やおい板の接続が不可能となる。

2007年 編集

  • 2月1日 テレビ板が閉鎖。
  • 4月11日頃 削除依頼、アクセス禁止依頼などの受付を行っていた準備テスト板、ラウンジ板などが消失。ただし、管理自体は為されている模様。
  • 7月8日頃 文字板の大半が消失。活気や荒らしによる人数減少が影響と思われる。現在は半角、アニメなどが残っている。

ふたば☆ちゃんねるの特徴と主な掲示板 編集

謎の管理人 編集

特定の通り名・仇名や固定ハンドル等を持たず、公式の場にふたば☆ちゃんねる管理人として現れた事もない。したがって、その正体及びふたば☆ちゃんねるの設置目的等は一切不明である。

また、少なくとも掲示板上で管理人名義において何らかの主義主張などを行った例もなく、その一方で準備テスト板に何かしらの要望やレポートを書くと的確に反応し、返答や障害対応などを行う為、オン/オフ問わず何かと出しゃばりな管理者が多いアングラ掲示板の世界では「最も管理人らしい管理人」との評価も一部で得ていた。しかし、2007年現在では稀に違法画像の削除を行うのみで管理は殆ど行っておらず、準備テスト板どころか各板への対応も殆どままなっていない放置状態となっている為、個人で管理する事の限界を指摘する声もある。

稀に行われる管理は基本的に荒らしに屈服する形で行われ、今までにテレビ板、やおい板、ばら板など多くの板が荒らしに敗北する形で閉鎖を受けた。規制はプロバイダー単位で行うため、大手プロバイダーがアクセス不可能になっている場合が多く、様々な点で時代遅れである。

また、どうした訳かふたば☆ちゃんねる内では(主に二次元裏@ふたば掲示板を中心に)「ふたばの管理人は美少女である」とする設定が定着しており、少女がパソコンを操作している写真や画像が貼られることもあるが、実際の容貌や性別は相変わらず不明のままである。

なお、ふたば☆ちゃんねる自体のホストはさくらインターネットサービス、ドメイン所有者は株式会社マリオネットコーポレーション

二次元裏 編集

正式名称は二次元裏@ふたば掲示板(通称・二次裏 / 虹裏)。ふたば☆ちゃんねる内に存在する画像掲示板の一つであり、その活動の活発さと実績からふたば☆ちゃんねるの名を世に知らしめた、名実ともにふたば☆ちゃんねるを代表する掲示板であると言える。当該掲示板の成立以降、この掲示板からはその活発な活動を受けて多数のキャラクターや流行語等が生まれ、現在ではふたば☆ちゃんねるを象徴する掲示板となっている。インターネット上のオタク系サブカル世界ではしばしば、(BBSの)「ふたば」と言えば二次裏を示す文脈として用いられていることも見受けられるほどメジャー化していると言える。

二次裏の成立については、本来絵画やイラスト等の二次元の画像を貼る目的で設置されていた二次元画像掲示板@ふたば掲示板(二次表)が目的外使用者等の大量流入によって荒らされてしまったことにより、2002年3月頃に隔離板として設置。対症療法的に彼らを移民させ、緩衝地帯として誕生させた事がその始まりである。

二次裏に貼られる画像は特にジャンルなどは決まっておらず、面白ければ、受けが取れれば善しとされている。主利用者層の興味の指向性から、既存のアニメ漫画コンピュータゲーム等からのキャプチャ画像やスキャン画像、キャラクターをコラージュした画像などが多く貼られる傾向にある。24時間眠ることはなく、深夜や明け方にも同じ時間に同じ画像を貼るミニイベント(定時、定時貼り)が定番行事として毎日行われている。非常に投稿数が多く、また画像を貼っても数十分~数時間で流れてしまう(新着記事・投稿によりプッシュアウトされ、ログが消去されてしまう)。このような状況から、二次裏から生まれた秀逸なネタ・特定のキャラクター・各種コラージュ画像等を集積的に収集・保管する為のゲリラ的な「保管所」(「保管庫」とも呼ばれる)も何箇所か存在している。

主な利用者層は、ふたば☆ちゃんねる全体のそれとおおむね変わらない。当初は、アニメ・漫画・ゲーム等に興味を持ち、また1980年代後半頃から続く既存のネットワーク及びBBS文化を醸成してきた中核世代とも言える、いわゆるオタク系の学生(大学生)や社会人らがその主体であった。しかし、活動が活発化しメジャー化が進むうちに次第に中高生が呼び寄せられ、その比率を増している。様々なオタク的な傾向を持つ人間に好まれている点では相変わらずではあるが、主に世代間の意識の違いによって軋轢が生じつつある点では明確な懸念が存在し、また増大しつつある(中には故意に軋轢を生じさせて楽しむ火事場見物的な者もいるが)。

上記にあるように5つに分裂した二次裏だが、システムや管理体制、トップページからのリンクの有無に伴う利用者数の違いなどの為、同じ「二次元裏」という名称を持ちながらも、それぞれのサーバでは多少の文化的な違いが見られるようになっている。貼られる画像や傾向の違いに加え、中には独自のマスコットキャラクターやオリジナルキャラクターを所持しているサーバも存在する。

祭り 編集

特定キャラの絵や、コラージュ、スクリプト(台本的な意味でのスクリプト)などが複数投下される現象。または、特定のレスを引用し、一定の趣旨に添ったスレッドを立てることを指す。例えば、「流れは○○か」というレスを引用し、「○○」から連想した画像がアップロードされて行く。すると、必然的にその話題のスレッドが多くなり、「○○祭り」となる。

二次裏では何のひねりもない雑談が嫌われる傾向にあるが、ネタや偏愛や自虐を含めた雑談に導くことで、掲示板全体を巻き込む祭り現象を肯定しつつ雑談の話題を探している。連続投稿を肯定するだけでは荒らしに利用されてしまうので、敢えてキャラネタを含ませることで荒らしの連続投稿と区別する作用もある。

としあき と 「」 編集

「としあき」とは、かつての二次元裏掲示板の投稿者のデフォルトネームであった。

二次元裏掲示板の成立当初のデフォルトネームは「名無しさん」であったが、ある日「としあき」と名乗る人物が「回転ソムリエ 15回転」等の同人誌のアップロードを要求するなど、執拗な荒らしを繰り返し猛威を振るった折、匿名掲示板であることから他の二次裏住民も便乗して「としあき」名のハンドルを使用し、荒らしに便乗したり大本の「としあき」をからかったりするようになり、一時は手のつけようがないほどにまで「としあき」が増殖し、紛糾する事態が発生した。

その流れを受けたふたば☆ちゃんねる管理人の茶目っ気によって、二次元裏掲示板のデフォルトネームとして「としあき」が採用された。これにより、「二次元裏掲示板の住人 = としあき」という図式が成立した。またこの流れで、掲示板に投稿して新規のスレッドを立てた人物をスレあき女性の投稿者を女子あきなどと呼称する者が誰ともなく現れ、程なく全体に定着するようになった。

名を得たことによってアイデンティティに目覚めた「としあき」たちは、その名のもとに結束と帰属意識をより強固なものとする。これは活発な活動の原動力となった反面、仮面を得たことによる無責任な振る舞い等の望ましくない結果をも招くこととなり、功罪の両面においてその名をネット上に轟かせることになる。

やがて「としあき」発祥の場である二次元裏掲示板の「としあき」たちは虹裏の伸展とともに凶暴性を増し、同コミュニティ内の秩序を破壊し、その被害が他コミュニティまで及ぶ兆候を見せていた。 そのため、あるいは夏休み期間が迫る中で毎年繰り返される、暇を持て余した無責任な中高生の大量流入による荒れ対策を予測したものとも言われているが、2004年7月15日、「管理人(美人)さん」氏の手により、当時の投稿時のデフォルトタイトルである「無念」とともにデフォルト名「としあき」は削除され、代わりに無名・無音を示す「」が二次元裏掲示板の投稿者を示す呼称として定着した。

その後10ヶ月近く「」が使用され続けたが、2005年5月27日にはmay鯖(サーバ)で「としあき」が復活した。これ以降に新設されたnov鯖、jun鯖に於いても、「としあき」がデフォルトネームとして採用された(但し、dat鯖、img鯖では逆に「」がそのまま使用され続けている)。尚、初期の二次元裏掲示板から分離したとされるえろげ板やおい板避難所等の一部掲示板では、投稿者のデフォルトネームとして「としあき」の設定が残り、「」が使用されていた時期にも引き続き使用され続けた。

この他にも、ガールズラブ系の画像を扱うゆり板のデフォルトネームで、全ての会話をお嬢様言葉で行っている「ゆりあき」や、2005年2月5日に突如として約一日間dat鯖のデフォルトネームとなった「しもんきん」などの派生形も存在する。

お絵かき板 編集

ふたば☆ちゃんねる内には複数のお絵かき掲示板が存在する。

  • お絵sql
  • お絵かき
  • 落書き
  • 落書き裏

中でも最も活発なのが落書き板である。投稿者の多くに自分のテリトリーを定めている傾向がある。お絵sql以外の板では、同じ投稿者が連続で投稿する事が疎まれる傾向にあり、1日に1枚の制限が大雑把な現在の慣習となっている。そのため、投稿者によっては複数の板をまたいで投稿するという行為も見られる。

お絵sql 編集

  • スレッド管理にMySQLを用いているスクリプトのテスト板。
  • コテハン率が他の絵板より高い。
  • 流れが速い。ある意味で他の絵板の中で一番活発である。
  • 標語は「カケバイイ、カクノタノシイ」。
  • 投稿作品の質や面白さよりも、とりあえず絵を描くことが重要視される。
  • 絵の連投(連続投稿)が可能。そのためしばしば同一人物による連投祭りが発生する
  • 「SQL鉄の掟」が存在するが、別に絶対のものではない。
    • 基本殺伐、たまに馴れ合い。喧嘩のあとは笑って手を取り合おう。
    • 基本コテハン。他板のどんな荒らしも受け入れる。性器は描かない。

お絵かき 編集

板名や並び順からすれば本流はこのお絵かき板の筈なのだが、ゴミ絵(この場合本来の意味での落書きで、便所の落書きレベルの絵)の投稿が多くて敬遠され、傍流に成り下がっている。ただ、その一方で上手な絵を投稿する人も居住していて、奇妙な雰囲気を醸し出している場所である。端的に言えば「玉石混淆」。お絵かき系板の中で最も流れが遅く、特別な事が無ければ一週間以上絵が保存されている。

落書き 編集

ふたば☆ちゃんねるのお絵かきBBSで最大規模の投稿者とレス専を誇る板。その名前に反して投稿作品の質は高い。ただ、その集客力の分だけ利用者レベルも低下していて、「保管庫どこ」などというレスがほとんどのスレに付けられ、煙たがられている。このため投稿者がメール欄に自サイト(保管庫)のアドレスを貼り付けている場合が多い。もっとも、そうやって書いていても「保管庫どこ」のレスは付く場合が多い。複数の投稿者が同じテーマで絵を描きあういわゆる「祭り」の発生率が高く、普段の流れもお絵sqlに次いで速い。

落書き裏 編集

落書きの裏ということでアダルトなものを連想するかもしれないが、まさにその通りで、18歳未満お断りな絵の投稿が多い板である。流れは比較的ゆったりしていて、落ち着いている。そのためか落書き板よりはシリーズや連載が多い傾向がある。しかし、偶に「祭り」が発生して投稿が急増する事があり、油断禁物である。自主規制な部分を外した「しおから版」がセットで投稿される事が多い。 2007年の10月前後から「セーラ」を連投する荒らしが出没。 お絵描き板などにも飛び火しており、関連住人や絵師がMixi等で苦言を呈している。 2008年3月に「お絵かき」「落書き裏」共に新規サーバへの移転に伴い、一時的に混乱が回避される。 2008年4月現在、粘着気質の荒らしは続いており「空age」と言われる行為が現在進行形で不毛に続いている。 荒らしのIPはIPアドレス検索サイトで不正IPランキングに登録はされているとされているが、正確な情報とはされていないため未だ対応はされていない。 2008年5月未明、管理人により荒らし絵の一斉除去と一部のIPが規制される。 巻き添えを貰った絵師もいるようだが、概ね平安を取り戻している模様。 噂の域を出ないが、「双葉学園祭」にて関係者に一部の絵師が嘆願した事によるものとされている。

テレビ 編集

元々は「三次ネタ」板だったのが分裂して生まれた掲示板。略して“テレ板”とも呼ばれる。ふたば☆ちゃんねる内において、コミュニティが明確ではない掲示板のひとつである。IDや名前欄、カタログ表記がなくスレッドの寿命も短いので、自演や荒らしなどが横行しやすいが、これを嫌う利用者と楽しむ(楽しめる)利用者が存在する。

貼られる画像はテレビ番組のキャプチャ、女性アイドルのグラビア、ヌード画像、漫画のスキャン、風景画像、動物の画像、食べ物(飲み物)の画像、グロテスクな画像、gif画像、独自に加工したコラージュ画像等様々。画像を貼り付けずにコメントのみのスレッド(字スレ)が立つことも多い。スレッドの寿命が短いのと、すぐにログが流れてしまうためか、18歳未満を含む女性の陰部無修正裸体及び性交の画像(いわゆるモロ、ロリ画)や、明らかに著作権に触れる画像が貼られることもあり、テレビ板、ひいてはふたば☆ちゃんねる自体の存続を危惧する利用者も多い。“テレビ板”という名目にも関わらずノージャンルの画像が貼られるため、しばしば利用者同士で討論されることもあるが、明確な規約がないのと、管理人の介入がないためそのまま放置される。

世間の注目度が高いテレビ番組やスポーツが放送される時は、その番組のキャプチャ画像が貼られる為一時的に利用者数が上がることがある。また、頻繁にサーバーが落ちるのも特徴のひとつで、管理人に改善を求める利用者も少なくない。しかしその一方で、ごく希に特定ドメインによるアクセス禁止や書き込み禁止が実行される事があり、管理人が完全に管理を怠っているわけではない。

2007年2月1日、唐突にふたば☆ちゃんねるの一覧カテゴリーからテレビ板そのものが消えたが、その理由は悪質な荒らしや、節度を弁えない一部の利用者に管理人が対応した結果だと推測される。

編集

主として軍事関係の画像が投稿されるが、軍事関係のみにとどまらず軍事に関係するレーションから警察消防海上保安庁(沿岸警備隊)・防災など非常に幅広い分野も網羅する掲示板である。利用者には鉄道板や外部の101ふりーうぇいと両用する者も多く、特に鉄道板とは友好関係にあるため、荒らしに対して共同対処する事もある。他板と大きく違う特徴としては、画像にボケのコメントを載せて投稿し、これを見た利用者がツッコミのレスを入れるという漫才の一定のセンスが求められる点にある。最近では自動スクリプトによる荒らしが相次いでいる。従軍していた家族のアルバムなどから資料的価値の高い旧軍の写真が転載されることがある。

また管理人が関わりたがらない板のひとつであるとされ、ネタ的な存在の板(スピグラ板など)にでさえ設置されている準備板へのリンクが存在していない。 ただ、あまりにも悪質な荒らしが出現した場合は行動を起こす。

ふたば☆ちゃんねる を取り巻く状況と問題 編集

海外への影響 編集

従来、海外においてはこのような趣旨(特に二次裏)の画像掲示板というのは存在しておらず、日本のオタク文化に興味を持つ外国人にインパクトを与えた。この為、4chan (yotsuba-channel) という類型の画像掲示板群が作られた(管理者は双葉の非公認姉妹サイトとしている)。これは双葉で用いられている画像掲示板スクリプトを流用した物で、主として英語圏の人間を対象として作られたサイトである。

なお、かつて4chanは転送量軽減の目的で、日本からの画像掲示板スクリプトへの接続を規制していた。現在、日本のIPアドレスからのアクセスは禁止されていない。

ネットランナー問題 編集

ふたばについて語るとき必ず関わってくるのは雑誌『ネットランナー』の存在である。ネットランナーはふたばを効率的に利用するための手法や二次裏発のキャラクターを利用したコンテンツを掲載するのだが、その手法はかなり強引なものであり、半ば著作権無視や、ふたばの管理運営に影響を与える事もあった。そのためふたばとその周辺では反ネットランナーの姿勢が基本であり、反ネットランナー的なバナーなどをしばしば目にすることができる。しかしながら、ネットランナーの行為にあまり影響を与えることは出来ていない。これは、実質的に著作権フリーに近い形で創作作品が生まれるためか作品の権利が追及し辛いことや、ふたば自体が著作権にルーズなところ等から来ていると考えられている。

2ちゃんねるとの関係 編集

  • 2ちゃんねるの避難所として設立されたため当初ユーザーのほとんどは2ちゃんねる住民であった。そのため2ch語や2chAAの書き込み、ネタの相互的なやりとりが頻繁に行われ、かつて2ちゃんねるとは姉妹的な関係にあった。しかし、反2ch的性格を持つあやしいわーるど自動アンケート作成等からの住民流入(2ch=壷、2ch住民=チャンコロという俗称が普及したのはこの影響)、あるいは2chに失望した元住民などが増え、ネットランナー事件以降にじわじわと排他的空気が膨らんでいたことも影響し、反2ちゃんねるを声高に叫ぶユーザーが近年増加した。そのため、2ch語等の使用を巡る古参との激しい言い争いがしばしば見られるようになった。
  • また、本来ふたばが発祥であるにもかかわらず、2ch発祥と混同されたり、全く発祥が認知されない場合もあったが、現在ではそういったことは少ない。代表的なものは「やらないか」だが、あまりにもふたばの手を離れ、ふたば特有の味付けも為されないほどブームになると、逆にふたばでは下火になるという現象も発生している。
  • ドメインを所持しているマリオネットコーポレーション社は2ちゃんねる及び画像ちゃんねるの広告代理店であり、2ちゃんねるへの広告についても募集を行っている。広告枠のご案内♪

その他 編集

画像本位のシステムを採っており、文字本位の掲示板よりも視覚的に情報をやり取りしやすいためか、既存のキャラクターにコラージュなどによる独自の解釈が加わる事が非常に多い。二次裏のキャラクターと元のキャラクターは造形が似通っている以外ほとんど別物に等しく、程度に差はあるが、二次創作とオリジナルの中間的な存在であると言える。

そこから派生したふたば独自の文化は、ふたばを利用しない人間にとってはもはや意味不明なものだが、利用しさえすれば自然に馴染んでしまう。また、二次裏以外にも複数のオリジナルキャラクタが生まれている。なお、このサイトの「落書き板」には、ドラえもんパロディ「ドラえも」や、「蒸し暑いからぬぐー」、日本のホラー映画のキャラクターをモチーフとした「じゃぱホラ。」などの漫画も連載されている。

マナー問題 編集

ザ掲示板同様、ふたば☆ちゃんねるの利用者数が増えるに従い、参加者のマナーも悪化してきている。

主な例として、画像掲示板にその板の主旨とは全く違う画像や、見る者に嫌悪感を与える画像を貼り付け執拗にage(上げ行為)を繰り返す、特定個人を連想させる画像を用いての個人叩き、同じ画像を何度も使い日記スレッドを乱立させる、特殊なソフトを使って同じ画像を連続的に貼り付けサーバーに負担をかけて落としてしまう等がある(特にID表記のない一部の掲示板に多く見られる)。中にはこれらの行いによって、すっかり形骸化してしまったコミュニティも見受けられる。一時期よりは積極的になったとはいえ、メジャーな掲示板の中でも管理人の荒らし等への対処はかなり消極的で、良く言えば寛容、悪く言えば無責任な掲示板である。様々なムーブメントなどによる二次裏への人口流入によってサーバーが複数に分裂した今でも管理人一人による管理を行っており、サーバーによっては完全放置されている。2007年2月1日のテレビ板閉鎖に伴い、主にテレビ板を利用していた者達はふたば☆ちゃんねる内の三次元ネタ板、スポーツ板、スピードグラファー板等、また外部の掲示板「もみあげ☆ちゃんねる」等に移動し、各掲示板の利用者と掲示板のテーマを巡って衝突する、といった問題も起きている。


ローカルルール 編集

ヴァイパーや2ちゃんねらーとの差別化を意識してか、「w」や句読点、さらには顔文字を書き込みに使うと壷に帰れなど言われることがあるため、ふたば☆ちゃんねるでの書き込みなどを行う場合は気をつけたほうがよさそうである。

ふたば☆ちゃんねる発祥のキャラクター、流行語 編集

二次元裏 編集

二次元ネタ 編集

落書き 編集

編集

鉄道 編集

数学 編集

  • 愛ちゃんねる♪
  • h入れるか死ね
  • 当番
  • ぶっちゃけ、... なのですよ。

テレビ 編集

  • おっさん祭りはまだですか?
  • 俺の嫁(女性アイドルタレント)
  • 今日も暑かった(寒かった)ね
  • こんこん貼ってよ(紺野あさ美金剛地武志大村崑など「コン」がつく著名人)
  • コンビニいてくる(ドン・チャック物語 ドン・チャック)
  • スーパー○○タイム(マンガ、ねこ等)
  • フライヤー

スポーツ 編集

  • デリヘルいてくる(きた)
「いいね」「俺も行きたいな」等と返すのが通例。

野球 編集

  • 巨人優勝! - 完全に自虐ネタ。
  • コーボロ - 熱血宮本~コピペより派生。
  • 幕田(元中日)
  • また負けちゃった、てへっ! (堀内恒夫元監督の笑顔) - 巨人が負けると貼られる。原辰徳監督をベースに萌えキャラ化した「原辰のり」のバージョンもある。
  • ヨワス - アンチ巨人絵師によるもの。

グロ 編集

  • (大阪の)お兄ちゃん

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集



en:Futaba_Channel es:Futaba_Channel ko:후타바_채널

Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、ふたば☆ちゃんねるにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia