Fandom

Monapedia

しぃ

255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


しぃは、匿名掲示板2ちゃんねるなどの電子掲示板で用いられるアスキーアート(AA)によるキャラクターの一種。2000年中期から使われ始めた。 元は「しー★」(トリップ・◆CgikokqI)というコテハンが使用していたギコ猫である。これが人気を博して一般キャラ化した。スペルはCShiiなどが利用される。

特徴編集

ギコから派生したためか、ギコの特徴を受け継いでいる。

  • 多くの場合ギコ族の女性キャラクターとして扱われる。(男性として扱う作品も稀に存在する。)
  • Flashやイラストなどにおいては白色桃色で描かれることが多い。
  • ダッコ(抱擁)を好む。

また下記の特徴は、しー氏の初期の書き込みを元に定着したものである。

  • 会話の際は基本的に半角カナが使われ、長文や複雑な文では全角が利用される傾向にある。
  • ギコの派生キャラであるため、ギコと同じく「ハニャーン」という鳴き声が使われる。

その他の特徴編集

  • ギコの恋人役として扱われる事が多い。
  • 2003年頃からの虐殺・虐待系スレッドではアブノーマル的な特徴で描かれてしまうことが増えた。後述の虐殺AAとの関連を参照のこと。

AA編集

以下のように箱に入った姿で描かれている場合が多い。

    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |  しぃ   |/
     ̄ ̄ ̄ ̄


箱から出ると、このような姿をしている。

   ∧ ∧
   (*゚ー゚)
  ⊂  ⊃
 ~(  |
   U U


  ∧ ∧
  (*゚ー゚)
  .(|  |)
 ~|   |
   U U

虐殺AAとの関連編集

2ちゃんねるでは2002年から2004年頃をピークにAAキャラクターを虐殺虐待するAA作品を発表する虐殺ブームが起こった。これにより虐殺・虐待AAが量産された影響や、元々AA板は荒らし被害に遭いやすい板であったため、板全域に虐殺スレのAAを大量コピペを行う荒らしの被害を2005年の規制まで長らく受け続けた。また、可愛い系AAキャラがメインのスレッドは馴れ合い・雑談系スレッドに利用される事が多かったが、同時期に起きた2ちゃんねらーの世代交代と重なった結果、AA板での雑談を良しとしない住民が増加し、可愛い系キャラとそれを好む住民も叩かれるようになってしまった。これら影響で一時期はAAとしての価値を著しく低下してしまい、しぃを用いたAA作品はまともに投稿出来ないといった異常事態に陥った。虐殺AA専門サイト(アブノーマルネタ専門モナー板通称:アブ板)を外部に作って対処されたが、依然この手の荒らし被害は続いている。虐殺AAにも技術や評価の高い作品も数多く存在するのだが、先に述べた荒らしのコピペ材料に悪用されることが多い。

2ちゃんねる内では2005年春~夏にかけ規制議論板において、荒らしに対して大規模な規制が行われた。その影響により、しぃ虐殺コピペ荒らしは激減した。

しぃのうた編集

2002年ごろ、しぃを題材にしたFlashアニメーション「しぃのうた」がネット上で公開され人気を博し、日本国外でも流行した。しかし、BGMに「風のノクターン」を使用していたため、JASRACからの圧力で公開が停止された。

「しぃのうた」の作者は当初「名無しさん」(「brandy199」は海外の無断転載者であり、作者ではない)と名乗っていたが、後に「こしあん堂」というFlashサイト管理人のNNSJ(現・たけはらみのる)が、作者は自分であると発言している(「あん堂」での公開は終了している)。

しぃからの派生編集

しぃ自体がギコからの派生キャラであるが、しぃを元にする派生は多く生まれた。特に、見た目が薄汚れたキャラクターは2002年頃に多く生まれ定着した。

つー編集

しぃとアヒャとの合成によるキャラ。詳細は当該キャラの頁を参照。

ちびしぃ・ベビしぃ編集

しぃの幼体である(ちびギコ)。下のAAの場合、左から右へと成長する。基本的にベビしぃと言ったら一番左か左から4番目、ちびしぃは5番目を指す(6番目、7番目は主に成長段階を表現する時に使用され、時にミニしぃと呼ばれることもある)。しぃには『ベビチャン』『チィチャン』(一番左のAA~左から4番目のAAまで)『チビチャン』(左から5番目~7番目のAAまで)などと呼ばれている。

ベビしぃの場合、幼く呂律がよく回らないためか『ダッコ』を『ナッコ』、『しぃ』を『チィ』と言ってしまう。あまり知られていないが、しぃが子供を産むようになったのは虐殺スレが最初である。元々彼女自体虐待スレで誕生しており、そのせいか虐待・虐殺に使われる事が多い。

ちびしぃは当初、しぃが担任する学校の生徒という役割で登場。ですます口調で全角で話す。しぃの子供という設定だけでなく、幼形成熟した別種として扱われることも多い。

また、虐殺スレッド乱立騒動時に虐殺厨に対抗するべく「他のAAを復活させる事が可能で、自身が虐殺されても蘇る事が出来る」「虐殺者をあぼーんする事が出来る」という設定が付けられたちびしぃが登場。当然当初は厨房設定と非難されたり「単なる極度の妄想癖」と言われたりもしたが、この設定を面白がった職人がこのちびしぃを使ってギャグを作った(これを応用した虐殺職人も登場)。これによりこの設定のちびしぃは人気を博し、誕生した本スレは長く続いた。だが、現在は虐殺スレ衰退と供に、すっかり飽きられた模様(今の所、虐殺スレでは今まで通り「妄想癖」、それ以外のスレでも設定を無かった事にされるケースが多く、絶滅種とも言える)。


                                  ∧ ∧    ∧ ∧
                           ∧ ∧    (*゚ー゚)   (*゚ー゚)
   ,、、    ,、、    ,、,、     ハ ハ       (*゚ー゚)   ~(u  )    ノ っっ
 ~((゙0)  ~((゚0)  ~(,(*゚o)  ~(,,(*゚ー゚)   ~(___)    u~u    ~~u~u'
└──────────────┘ └─────────────┘
        ベビしぃ                  ちびしぃ

でぃ 編集

でぃは、しぃが虐待されたとして登場したAA。しぃ同様その大半が雌であるが、「山奥のしぃ先生」のでぃ先生をはじめ、これも僅かに雄が存在する。「虐待の結果、耳がもげただけでなくアタマも少し壊れた」と言う事でセリフは半角あるいは全角ひらがなと半角カタカナ混合が主流である。あまり表情を変えず、鳴き声も『ハニャーン』ではなく『キィィィィ』となる。しぃ(C)の虐待された結果ということで、でぃ(D)と命名された(後にしぃに限らず、虐待され感情が欠落しみすぼらしい外見になった状態を『でぃ化』と呼ぶようになった。また虐待だけでなく、事故などの影響ででぃ化することもある。先述のでぃ先生は「事故ででぃ化した雄しぃ」という設定)。見た目こそみすぼらしいが、謙虚で控えめの性格。しぃは箱に入っているのに対し、でぃはゴミ箱に入っていることが多い。でぃリハビリセンターと言う施設で治療を受けるとしぃに戻ることが出来る。また、でぃには旅や道に迷ったときなどに「東」を目指して進もうとする傾向がある(これは、「でぃちゃん死出の旅」スレの「ヒガシを目指す」ネタが流行ったためである)。「でぃちゃん死出の旅」とは「東に『楽園』と呼ばれる誰もたどり着いた事のない理想郷がある」という伝承をでぃが聞き東を目指す、というストーリーである。

しぃが虐待された末路とされるAA3種の中ではAA作品への登場が最も多く、タカラギコと恋仲という設定も多い。

    ∧_,,,
.    (#゚;;-゚)
    |U ;;;|     ∧_,,,
  ~(;;; ;;;;|   . (#゚;;-゚)     ハ_,,
      U~U    ~(;;_;;;_;)   ~(;;(#゚;-゚)

その他編集

「レー」「桃ちゃん」「のー」「けー」「えー」「エー」「フサしぃ」「ペルしぃ」「ぃし」「じぃ」「びぃ」「づー」「フサしぃ」「クックル」など。



Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、しぃにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。


Fandomでも見てみる

おまかせWikia